第42回 前橋市民文化会館/群馬大学昭和キャンパス

免疫組織化学とその関連技術を正しく理解し、正しくために

ご挨拶

第42回組織細胞化学講習会実行委員長 松﨑 利行

第42回組織細胞化学講習会は2017年8月2日(水)~4日(金)の日程で前橋市で開催いたします。前橋市での開催は2002年の第27回講習会以来15年ぶりです。8月2~3日は前橋市民文化会館での講演、8月4日は群馬大学昭和キャンパスでのウェットラボをおこないます。第42回講習会では、テーマを「免疫組織化学とその関連技術を正しく理解し、正しく使うために」と設定しました。組織化学のなかでも免疫組織化学はあらゆる研究領域で用いられる手法で、組織レベル、細胞レベルでの機能分子の局在を知るためには必須の手法です。正しく理解して正しく用いれば大変有用な結果を得ることができますが、

実際にはあまり学ぶ機会もなく、見様見真似で実験されている研究者の方も多いかもしれません。
ぜひ、今回の講習会に参加してみてください。8月2~3日の講演では17演題を予定しております。まず免疫組織化学を一貫して学べるように、免疫組織化学の基本原理に始まり、実験デザイン、組織の固定から標本の作製、抗原賦活化、酵素抗体法、蛍光抗体法、培養細胞の免疫染色、抗体の作製や利用法、顕微鏡観察、画像解析などに関する講演を予定しています。さらに関連技術としましては、イムノブロッティング、in situハイブリダイゼーション、レーザーマイクロダイセクション、リアルタイムPCRに関する講演を予定しています。8月4日のウェットラボにつきましては、講演内容を可能な限り網羅できるようにコースを準備しております。組織化学の初心者やこれから始めたい方には一から学べるような、中級者・上級者の方には自分の手技や知識を振り返り、改めて組織化学を正しく学び、正しく使えるような講習会にできればと思っております。
夏の群馬と言いますと「暑い!」というイメージかも知れません。確かに厚いですが、講習会も熱く盛り上げたいと思いますので、多くの方々のご参加を心よりお待ちしております。

更新情報

2017.02.01
HPを公開いたしました。

関連リンク

ページの先頭に戻る