東海大学伊勢原キャンパス

ご挨拶

近年のゲノム編集技術、オミックス解析、バイオインフォマティクス解析などの生命科学分野の技術の進歩に伴って、生体分子に関する様々な情報が得られる環境が整ってきています。形態学を基盤とする組織細胞化学は、これらの生体分子情報を細胞内あるいは細胞間の位置情報と統合し解析することを可能とする極めて有益な手法として医学・生物学分野の研究に活用されてきています。日本組織細胞化学会では組織細胞化学の普及を目指して1976年から講習会を開催してまいりました。第46回の今講習会は、8月18日(水)~20(金)の3日間、神奈川県横浜市(講習会)及び伊勢原市(技術講習会)で開催いたします。

講習会では、組織細胞化学の基礎的知識と応用技術に関する組織細胞化学分野の第一線で活躍しているエキスパートに実験室ですぐに役に立つ実践的な技術を中心にわかりやすく解説していただきます。初学者のみならずベテランの研究者の皆様にも自らの知識や技能を振り返り、改めて組織細胞化学を正しく学ぶ機会となるよう企画しています。技術講習会(ウェットラボ)では、可能な限り講演内容を網羅した実習コースを設け、これらの技法に精通した研究者や機器開発企業の専門家による丁寧な指導の下、組織細胞化学の具体的な手技を学んでいただくことができます。多くの方々に本講習会にご参加いただきますようご案内申し上げます。

更新情報

2021.03.09
オンライン受講登録を開始しました。

関連リンク

協賛

ページの先頭に戻る