第42回 前橋市民文化会館/群馬大学昭和キャンパス
主催:日本組織細胞化学会
共催:群馬大学医学部

第43回組織細胞化学講習会について

期日
2018年8月2日(木)~4日(土)
テーマ
組織細胞化学技法の基礎から最先端まで:形を観て、機能を識る
会場
なら100年会館 (講演会場):8/2 (木), 8/3 (金)
住所:奈良県奈良市三条宮前町7-1
奈良県立医科大学 (ウェットラボ会場):8/4 (土)
住所:奈良県橿原市四条町840

第43回組織細胞化学講習会実行委員長 西 真弓

第43回組織細胞化学講習会は、2018年8月2日(木)~4日(土)の日程で奈良県にて開催させていただきます。8月2〜3日は奈良市「なら100年会館」にて講演を、4日は橿原市「奈良県立医科大学」でWetラボを行います。あらゆる細胞や組織を可視化してその機能の解明を試みる組織細胞化学の技法は、バイオサイエンスに関わるすべての研究者にとって必須の技法の一つになっています。本講習会では「組織細胞化学技法の基礎から最先端まで:形を観て、機能を識る」というテーマの基、組織細胞化学の分野でご活躍されておられるエキスパートの先生方を講師にお招きし、現場ですぐに役立つような実際に即した技術的な面を重点的に解説していただきます。

今回は17演題を予定しており、基本的な組織化学の技法に加え、蛍光・化学発光ライブイメージング法、個体の透明化技術、ゲノム編集技術など最新の技法についてもご講演いただきます。さらに、8月4日のWetラボにおきましては、講演内容を可能な限り網羅できるように多彩なコースを準備しており、これらの技法に精通した第一線の研究者や、組織細胞化学研究に必要な機器開発に携わる企業の専門家の方々に、丸一日かけてじっくりと対応していただきます。最近はインターネット等で様々な情報が手軽に入手できる時代になりましたが、実際に生の材料を手にして、リアルタイムで実験技法が学べるWetラボは、皆様の今後の実験等に大変有用であると思います。組織化学の初心者やこれから始めたい方には一から学べるような、中級者・上級者の方には自分の手技や知識を振り返り、改めて組織化学を正しく学び、さらに先進的な応用を追求できるような講習会を目指します。
「日本のはじまりの地」とも言われる奈良から、組織化学技法の基本を振り返り、最先端までを味わえる講習会にしたいと思いますので、是非とも多数のご参加を頂きます様、ご案内申し上げます。

ページの先頭に戻る